みえ紀南1号みかん(9月末〜10月 )

三重県が育成した品種で、我が果樹園で最も最初に収穫できる極早生品種です。
果実の色は、やや緑色が残っていても酸味が少なく、甘味の強いみかんです。
当園お勧めの品種です。
極早生、早生温州みかん(10〜1月 )

みえ紀南1号みかんに引き続き収穫できる極早生種「崎久保早生」から
早生種の「宮川早生」「興津早生」まであります。
これらは、直売の他、「みかん狩り」や「オーナー樹」で
皆さんの手で収穫を楽しんで頂けます。
甘熟早生温州みかん(12月下旬〜1月)

(よりどりみどりなみかん達)
早生温州みかんを完熟する12月上旬まで樹上に着果させて
太陽の光を十分取り込みました。口の中に残る甘みは
他を寄せ付けません。お正月用限定商品で
サイズフリー(S〜2L混合)となります。

青島温州(2月中旬〜4月)

12月に収穫後本格貯蔵されて、2月中旬から食べ頃となります。
食味や風味が良くて糖度が11〜12度になり甘味が強いので
『みかんの王様』と呼ばれています。
我が園のお勧めくだもののひとつです。
寿太郎(3〜4月)

温州みかんの最終品種です。果実はやや小玉ですが、甘味が強くて
糖度が12度前後になり、春まで美味しくお召し上がり頂くことができます。



伊豆(10月中旬〜下旬)

国の試験場で育成された早生の甘柿で、果形は丸いお饅頭型で
肉質は緻密で柔軟多汁。個人差はありますが、希に僅かに
渋味を感じる方がいます。
前川次郎(10月下旬〜11月中旬)

三重県多気町で生まれた早生の甘柿で、種子は比較的少なく
食べやすく甘味が多い。我が園での収穫時期は、品種の特性が
発揮される10月下旬〜11月中旬です。
太秋(たいしゅう)(11〜12月) 

国の試験場で育成、梨の様なサクサク食感、ジューシーで
甘みもたっぷりです。果実は非常に大きく400〜500g
果色は黄緑色で赤味は少ない。表面の汚れ(条紋)の発生は
品種の特性です。なお、その発生部位は糖度が著しく高くなり
甘さの証拠です。
次郎(11〜12月、冷蔵品12月下旬〜1月)

静岡は遠州森町生まれの四角い形の甘柿。我が園の樹は
昭和7年創業時に植えられて、現在株元の幹周は約2mの
大木になり円熟したバツグンの味を醸し出します。
お正月用として冷蔵品も好評頂いております。
ロー19(11〜12月)

イロハのロの19という珍しい名前の甘柿です。
ハチミツのような甘さが特徴で、個人差はありますが
希にヘタの近くの部分に渋味を感じることがあります。
果面の汚れ(条紋)は甘さの印です。
富有柿(12月、冷蔵品12月下旬〜1月)

岐阜県生まれの丸いお饅頭の形をした甘柿。
日本で最も生産量の多い品種です。あっさりした甘味が特徴で
貯蔵性も良いので、近年スーパーマケットでも
冷蔵品の販売を見掛けます。



長崎早生(6月中旬〜下旬)

長崎県が「茂木」に「本田早生」の花粉を交配して
育成した早生品種。果実は40〜50gで甘味が強く
果肉は柔らかく緻密で多汁。我が園では袋掛け栽培しています。
田中(6月下旬〜7月上旬)

明治12年に東京の田中芳男氏が、長崎県産びわの種を
自宅に持ち帰り播種して育成した晩生種。果実は角張った卵型で
60g前後の大果になり、食味は良く糖度も高いが
やや酸味も感じられます。



スイーツキウイ(キウイフルーツ:品種はヘイワード)(12月〜2月)

当園の果実は、糖度がメロンより甘く16〜18%前後あり、ビックリの甘さと大きさです。
そのままか、ヨーグルト、サラダに入れたり、ジュースやジャムにも楽しめます。
やや硬さを感じたら、暖かい(25℃前後)場所に
ポリ袋に入れて(リンゴと一緒だと早く軟化します)5日〜7日放置ください。
サルナシ(キウイフルーツの原種)(12月〜1月)

日本全土に自生するマタタビ科果樹でキウイフルーツの原種とされる。
果実は5百円玉大の小果で独特の芳香があり、表面の毛が無い。
栄養価が高く、昔から滋養強壮等に珍重されていました。



すだち(9月)

徳島県原産の香酸カンキツ類です。
秋刀魚等焼き魚や、マツタケ等きのこ料理に絞りかけたり、また、焼酎に果汁を絞り込むなど、利用法いろいろです。
その他、ドレッシングやドリンクとしての御利用もできます。
爽やかな酸味をお楽しみ下さい。
 シークワーサー(10月)

沖縄原産のカンキツ類で、近年果実に含まれるフラボノイド類等の
機能性成分が話題を呼び、果汁製品がブレイク中です。
焼き魚に絞りかけたり、酎ハイ、ドレッシングにご利用下さい。
爽やかな酸味を多く含みます。

 
じゃばら(11月〜12月)

和歌山県北山村原産のカンキツ類で特有な香り。個人差はありますが
春先にはスプーン1杯の果汁ですっきり気分になる成分が
含まれていると言われています。詳しくはwebで検索してください。
   
獅子柚(11月〜12月)

果実の大きさは直径10cm位。鑑賞用、観賞後はスライスして
ユズみかん湯入浴剤等に、ご利用下さい。
ゆず(品種:多田錦)(12月〜1月)

果実の大きさはやや小果ですが、種子が無いので調理に便利です。
湯豆腐、年越しそばやうどんには果皮を、ポン酢、ドレッシング、焼き魚や
酎ハイ等には果汁をご利用下さい。
レモン(12月〜1月)

インドのヒマラヤ東部山麓で発生し世界に広がり
日本には明治時代に伝わりました。果汁は酸味が強く
ドレッシング、焼き魚や酎ハイ等にご利用下さい。
八朔(3月〜4月)

1860年頃に、広島県因島市の恵日山浄土寺境内で発見され
八朔の頃から食されるとして命名され、文旦とみかん類の
雑種と言われています。その後果皮の濃い「濃間紅八朔」も
広島県内で発見されました。シャキッとした歯ごたえが特徴です。
スイートスプリング(2月) 

 この品種は「うんしゅうみかん」と「八朔」の交配種。国果樹試験場が育成し、1982年に登録。
 果実の外観は粗いが、果肉は比較的多汁で、酸味が少なく、外観からは想像できなほど甘くて食味は良い。手では剥き難いので、ナイフでスマイルカットしてください。
ネーブルオレンジ(3月〜4月) 

ワシントンネーブルが起源で、世界に広がり
日本には1889年に導入されました。果実の頂部に
二次的な小さな果肉を伴ったヘソ(ネーブル;navel)があることから
ネーブルオレンジと呼ばれています。品種は「白柳ネーブル」等
果実は大きく、甘味が強くて多汁。芳醇な味わいと芳香が特徴です。
不知火(しらぬい)(3月〜4月) 

国の試験場で、「清見」と「ポンカン」とを交配して育成した品種です。
果実は比較的大きくて、デコがあるのが特徴です。
糖度は14〜16%で食味は良好。
黄金柑(おうごんかん)(4月〜5月) 

鹿児島県原産果実で、静岡や愛媛県に導入されて
「黄金柑」と呼ばれるようになりました。果実の大きさは
ゴルフ球程度の小果で、独特の香りがあり、甘みが強く酸味との
バランスが非常に良い。手でも皮は剥き易いが、フルーツカットして
頂くと、更に美味しくお召し上がりになれます。




アケビ(10月) 


野生種の5つ葉アケビ。一般には、小さな多数の種子の周りの白いモチッとしたゼリー状の部分を食する。皮部は苦味があるが、肉詰めにしたりして山菜料理として食することもできる。昔懐かしい珍果樹として、注目を集めています。



ザクロ(10月〜11月上旬) 


原産地はイランのザクロ科果樹。日本には平安時代に伝来したと言われる。
ほぼ世界中で栽培されるが、裂果するのは日本種だけである。
多数の赤く色づいた小さな粒(種子の周囲)を食する。少し渋味と酸味を感じるが、
甘くて美味しく懐かしい味である。


 
 

フェイジョア(11月〜12月) 


南米アンデス原産フトモモ科果樹。果実は卵大で、甘い独特の香りがあり
香りと弾力性が出てきたらカットしてスプーンでお召し上がりください。


 


販売は宅配、直売の他
、産直店
(ぎゅうとら渋見・芸濃店等津市内店、Aコープ津店、JAみどりの交差点、
わくわく広場鈴鹿ロックタウン店)